\年中無休/

京都市中京区新京極四条上ル
075-255-0372

コーディネート

「色無地」「紬」の羽織の着こなし

色無地や紬に合わせる、オススメの羽織をご紹介します!

色無地の場合

色無地は改まった席に着る事が多いかと思います。

ですので織生地ではなく、染めの羽織をお勧めします。

小紋羽織(柄がつながっていない羽織)ですと、少しカジュアルな雰囲気に。

絵羽織ですと、少しフォーマル感が出ます。

紋の付いている羽織も合わせて着て頂けます。

ただし、式典や結婚式の会場では絵羽織、紋付羽織以外は脱いでくださいね。

紬の場合

紬に合わせる羽織としては、紋付や絵羽織避けて頂いた方が良いです。

紬は普段着となりますので、カジュアルな羽織が合います。

織生地の物や、染めの物でも小紋羽織がお勧めです

小紋羽織は使い勝手が良く、合わせやすいです。

紬の着物に紬の羽織を合わせると、まとまりが出て落ち着きます。

着物が暗めのお色なら、明るめの羽織を持ってきても良いですね。

着物との色合わせや柄合わせは、お好みでいいかと思います。

初めは悩むかもしれませんが、着物が大柄なら羽織は小柄にする等、色々と試して自分らしいコーディネートを見つけて下さい。

羽織やコートについての記事はこちら!

知っておきたい「羽織」の事

着物と帯については以前紹介した記事で、何となく分かって頂けたかと思います。 今回は「はおりもの」についてのご紹介です。 一般には「もみじが色付き始めた頃から桜が咲くまで」と言われていますが、自分の体調 ...

続きを見る

-コーディネート

© 2022 アンティーク井和井